保険を見直そう|インターネットで手軽にチェック

生活をサポートもしもに対応頼もしい保険の魅力

会社の保険料

節税の効果を受ける逓増定期保険

昨今のビジネスでは、以前に比べ増益や減益が起こりやすくなっています。円安の進行や原材料の高騰、また役職員の退職金支払いなどの要素のため、ビジネスの本業が計画通りに進んでも予想していた利益よりも増減することがあります。利益が上がったことにより、予想外に納税すべき金額が増えてしまうことがあります。 納税によるキャッシュ流出の増加を避けるため、逓増定期保険に加入し節税することができます。逓増定期保険による節税とは、会社を運営する上で、欠かすことのできない役員に対し、保険料支払いを会社とする医療保険に加入させるものです。保険料を損金として費用に計上するとともに、保険の解約時に解約返戻金が戻るため、納税に比べキャッシュの流出が少なく節税につながります。

今後の予測と注意点について

今後の日本では、法人税の引き下げが予測されています。数十年単位で引き下げが見込まれており、節税による利益の繰延を行うと、結果的にキャッシュの流出は少なくなることが見込まれます。また、逓増定期保険はこの数年で大きく発展してきた商品であり、節税に有効であるため、新たに発売される商品に対し金融当局より何らかの規制がかかる可能性があります。 逓増定期保険の注意点ですが、保険商品ですので、保険対象者に健康上の問題があると診断された場合は加入ができません。また、解約返戻金の返戻率が高い期間は限られているので、返戻率が低い期間に解約をしたり、満期まで保険を継続すると、節税の効果を十分に受けられないことになります。

Copyright (c) 2015 保険を見直そう|インターネットで手軽にチェック all reserved.